理由などないのではないか

すごく粗雑な考えではあるのだが、人の行動に、理由などないのではないか。

 

選択であったり、決定であったり、そういったことには必ずそれに先立つ理由があると、そう思われているが、実のところ、理由なんてないのではないか。

 

ぼくは、これまで様々な選択をしてきたけれど、そのとき何を考え、何を思っていたのか、今となっては思い出すことができない。あるのは、「今思い返せば」こんな理由があったのではないか、という程度の、いわば推理のような後付けの類推にすぎない。

 

理由とは、歴史の一つの解釈であり、あるいは外向けの説明に過ぎないのではないか。

 

だとするならば、せめて、自分の感情くらいは、「理由」なんて探さなくてもいいのではないか。自分を納得させるためだけに言葉を探すのを、やめてもいいのではないか。