晴海客船ターミナル (東京ソムリエ建築)

東京港開港50周年を記念して建てられた客船ターミナル。

平日は17時、土日祝日は20時まで開館しているが、訪れる人は少なく、閑散としている。照明は付いているが館内はかなり暗く、廃墟とまでは言えないものの、独特の侘しさが感じられる。

出入国審査スペースは、なぜか微かに蜂蜜のような香りがした。

 

以下、Wikipediaより引用。

1991年5月に供用開始した。内外の客船が入港する海の玄関口として多くの大型船が入港しているほか、南極観測船しらせも寄港する。客船の往来が少ない為、普段は閑散としている。ターミナル内にある晴海ターミナルホールは企業研修や学会などに使用されているほか、コスプレや同人誌即売会のイベントで使われることも多い。なお、1階には年中無休の駐車場があるほか、都営バスのターミナルともなっており、東京駅などの複数の路線が発着する。また「特捜エクシードラフト」以降の東映特撮ヒーロー物のロケ地として多用されている。ターミナルや晴海ふ頭公園の展望台からの夜景を目当てにカップルが集まるデートスポットでもある。建築設計は竹山実。ターミナル前は道路を挟んで空き地になっているが、この近くをゆりかもめが通る予定となっているほか、2020年東京オリンピックでは選手村の整備が行われる計画となっている。なお、2016年東京オリンピック構想では当地に東京オリンピックスタジアムの建設が予定されていたが、2020年の東京オリンピックでは計画が変更となり、国立霞ヶ丘陸上競技場を建て替えて2019年3月に完成予定の新国立競技場がオリンピック・スタジアムとなる予定である。

 

f:id:somurine:20170612163505j:image

f:id:somurine:20170612163724j:image

f:id:somurine:20170612163813j:image

f:id:somurine:20170612163838j:image

f:id:somurine:20170612163912j:image

f:id:somurine:20170612164003j:image

f:id:somurine:20170612164023j:image

f:id:somurine:20170612164040j:image